有限会社 瑞穂農場|茨城県常陸大宮市を拠点に全国展開する農業生産法人

  • トピックス|TOPICS OF MIZUHO FARM

    日本最大級の規模を誇る農業生産法人「瑞穂農場」からのお知らせです。

トピックス|TOPICS OF MIZUHO FARM

インターンシップを実施しました

8月13日から8月18日の6日間で大学生向けのインターンシップを本社と那須支店で実施しました。

主な実習内容は、現場の社員と一緒に”実際の仕事を教わって実践する”ことです。

また、5日目の夜に社員との懇親会を実施して仕事や会社のことやそれ以外の話も含めて盛り上がりました。

実習後に学生から有意義な体験が出来たというお礼をいただけました。

 

2018.08.27

飼養頭数を更新しました(2018年6月末時点)

当ウェブサイト内の「会社案内」ページの各農場飼養頭数を2018年6月末頭数に更新しました。

笠間分場の導入が進んで飼養頭数が増加しています。

笠間分場の搾乳牛と子牛の合計頭数は、5月末で708頭、6月末で858頭でした。

また、6月末時点のグループ合計総飼養頭数は 24,017頭です。

 

2018.07.23

瑞穂農場牛乳と産直いばらき牛乳の総出荷本数が140万本突破!

瑞穂農場本社で生産した生乳のみを使用している「瑞穂農場牛乳」と「産直いばらき牛乳」の総出荷本数が6月末時点で1,423,055本となりました。

2015年1月に「瑞穂農場牛乳」の前身である「奥久慈牧場牛乳」が発売開始してから3年半が経過しました。

2017年10月にコープで「産直いばらき牛乳」の取り扱いが開始して順調に出荷本数が伸びています。

 

※殺菌・パック詰め・販売は茨城乳業株式会社が行っています。

2018.07.09

牛舎の改修工事をしています。

本社肥育育成部の育成牛用の牛舎(M2牛舎)を改修しています。

本牛舎は築10年程度です。

10年前と比べて飼養方法が変わり、

それに伴い牛舎の使い方も変わったため

現在の使用方法に合わせた形に改修しています。

写真は改修工事中のM2牛舎です。

2018.07.03

日刊 酪農乳牛速報で弊社が紹介されました。

2018年5月16日付の日刊 酪農乳牛速報において、

「瑞穂農場Gが8万5671トンを出荷・17年度」という見出しで取り上げられました。

記事内では、グループ会社も含めた各農場の17年度生乳出荷量や

増産の要因などについて記載されています。

2018.05.17

入社式2018

本日4月1日に入社式を執り行い、今年は16名入社いたしました。

朝は緊張した面持ちでしたが、

入社式・研修と進むにつれて表情が和らいでいきました。

新社会人生活1日目ということもあり疲れが見え隠れする場面もありましたが、

明日からの仕事にやる気を持っているようで心強いです。

新入社員たちが立派な社会人へ成長できるように社員一同でサポートしていきます。

写真は、研修時の様子です。

2018.04.01

1月末時点の飼養頭数を更新しました

当ウェブサイト内の「会社案内」ページの各農場飼養頭数を2018年1月末頭数に更新しました。

飼養頭数が増加しています。

肉牛が1万頭の大台を超えました。

 

2018.02.25

飼養頭数を更新しました

当ウェブサイト内の「会社案内」ページの各農場飼養頭数を2017年12月末頭数に更新しました。

飼養頭数が増加しています。

肉牛の飼養頭数は1万頭に到達間近です。

2018.01.22

地域未来牽引企業に選定されました

経済産業省が選定した2,148社の「地域未来牽引企業」の1社に、

弊社が選定されました。

地域未来牽引企業とは、地域経済への影響力が大きく成長性も見込める、

地域経済の中心的な担い手または担い手候補とのことです。

詳しくは、経済産業省のウェブサイトをご覧ください。

2017.12.29

忘年会 2017

瑞穂農場の忘年会を行いました。

今年は参加者数が更に増えて約180人規模の大宴会でした。

瑞穂農場で搾乳した生乳100%の「瑞穂農場牛乳」で乾杯をし、

「瑞穂牛」を使用したすき鍋を堪能しました。

 

2017.12.24

  • 瑞穂牛&各種国産牛肉の整形・卸販売「下山畜産株式会社」
  • 安全な国産牛肉の販売、ミートショップ・ブルを運営する「株式会社 フロンティアロード」
  • 安全な国産牛肉の通信販売「ミートショップ・ブル」
  • フードコート「瑞穂牛キッチンCOWCOW」